誰のための成功哲学ですか?

ワタシねえ、本が大好きです。
お金があれば、本を買って読んでます。
ビジネス書、成功哲学の本も、けっこう読んできました。
それぞれ、書いてることが違うんです。似たことを書いてる人もいるけど、色々読めば読むほど、翻弄されるんです。

今日はコッチ、明日はアッチって、ワケわかんなくなります。

成功者って呼ばれてる人の本を読んだり、セミナーに出たりしてると、まるで違う人種みたいに思うときがあります。
とてもココロに響くことばを書いてたり、見たこともないようなお金を稼いだり、たくさんの人たちに尊敬されたりしています。

でもやっぱり、同じ人間です。

人格が優れているワケでもありません。
色んな人がいます。

「人を大事にしよう」
「応援していれば、成功できる」
「志を高く持とう」
「いつも感謝をしよう」

色々いわれますが、正論すぎて、そりゃそうだ、見習おう。ぐらいしか言えません。


じゃあ、実際に、これら「全て」を実践している人が、成功しているのかといえば、そうじゃない。こういったことを行動にしている「やさしい人たち」は、言われなくてもそうしている。

成功者と呼ばれる人たちは、自己中心的な人が多い。パワフルで、声が大きくて、人よりぬきんでたがる。

やさしい人たちは、他人のことを考え、声が小さく、人を優先したがる。

まるっきり、正反対なのだ。


成功者は、「人を大事にしたほうがいいな・・・」と感じる場面に、よくであう。
優しい人は、「もっと自己主張しなくちゃ・・・」と感じる場面に、よく出会う。

学ぶ場所が、最初から違うのだ。

自己が強い成功者の学びは、「人を大事にすること」かもしれない。
人にやさしい人の学びは、「自分を大事にすること」かもしれない。


その人によって、まったく学びが正反対になる。
そのどちらも正しい。正反対の答えが、人によって正解になる。

本より、誰かのことばより、
経験を、悲しみを、喜びを、魂の旋律を、信じる。

自分を信じるって、そういうことかもしれない。

創造性とエロ

 

コラム一覧に戻る



アンケートに答えるだけで、『聴くだけで「目に見えないいいこと」が増えるお話し。』
期間限定で今すぐ無料でダウンロードできます。
無料期間を過ぎると有料(¥1,200円)で販売する予定です。

まずは、3分で答えられる簡単なアンケートにお答えください。 


コラム一覧に戻る
Copyright 2004 ざむ姫 All rights reserved.  http://choice.zamza.com/